健康経営宣言

SBアットワーク株式会社は、

当社で働く社員とその家族の健康維持・増進に、

会社として取り組むことを宣言いたします

 

SBアットワークは、お客さまに最適で最高の人事サービスを提供する企業として、
お客さま企業の社員の方が、
「100%仕事に集中できる(人事関連の手続きに一切のストレスがない)」
「100歳まで元気に働ける(健康維持・増進の充実したサポートがある)」
という2つの「100」を実現させることを将来ビジョンとして掲げています。

 

そのためにも、当社の社員も「100歳まで元気に働ける」会社として、自らが先頭に立って体現すべく、

社員一人ひとりが心身ともに健康であることを目指します。

そこで、このたび、健康経営の推進役として取締役 三澤恒夫をCHO(Chief Health Officer)に任命いたしました。

今後も当社の健康管理部門であるウェルネスセンターを中心に、最先端のAI、ICTを積極活用して、

社員が楽しみながら健康になれる健康施策を展開していきます。

 

SBアットワーク株式会社

代表取締役社長  長崎 健一

 

 


CHOメッセージ

 

SBアットワークのミッションである、お客さまに最適で最高の人事サービスを提供するためには、

まずは当社の社員が「100歳まで元気に働ける」よう、心身ともに健康でいきいきとしていることが重要です。

 

また、「自身が健康でいきいきしていること」は家族や周りの方々にとっても大切な願いです。

そのことで、双方の心の安定や、家庭生活・プライベートの充実などプラスの連鎖が生まれます。

健康づくりの最高責任者として、健康保険組合等と連携しながら、

より健康になることが楽しいワクワクすると思えるような施策を、社員とともに推進していきます。

 

SBアットワーク株式会社

取締役COOCHO 三澤 恒夫

 

 

 

推進体制図

CHOを筆頭に健康管理部門であるウェルネスセンターを中心として、

総務人事課、健康保険組合とも連携の上活力あふれる健康施策を推進します。

 

 

 

 

これまでの主な健康施策

 

■食生活の改善

・執務エリアの自販機に特保飲料(特定保健健康食品)を導入
・健保主催イベントおよび健康プログラムの案内、推奨
・食習慣改善シリーズコラム連載を配信
・食習慣改善eラーニング配信
・野菜を使ったサラダ・惣菜・おやつを常時購入できる冷蔵庫を設置

 

■運動の習慣化
・健保主催イベントおよび健康プログラムの案内、推奨
・ウォーキングイベント実施
・朝ヨガ企画実施
・ヘルスキーパーによるストレッチ動画配信、セミナー実施
・毎月の朝礼で健康体操を全社員で実施
・ボウリング大会実施

 

■喫煙率の低下
・健保主催オンライン禁煙サポートプログラムへの参加
・毎月22日(吸わんスワンの日)情報配信
・【世界禁煙デー】1week禁煙チャレンジ企画実施

 
■メンタルヘルスの向上
・メンタルヘルスeラーニング受講推奨
・ピアサポーター(社内ボランティア)を活用した同僚による支援
・メンタルヘルス講演会実施(セルフケア)
・音声や顔認証を利用したメンタル向上実験実施
・マインドフルネス会の定期開催
・勉強会の開催
 開催事例:職場のコミュニケーションを支える仕組み
      睡眠教育セミナー